エルセーヌ-8cm

野菜から食べたら太らないって本当!?

30代のある日、健康診断で血糖値が高めとの診断を受けました。
比較的太りにくい体質だったので、大好きな甘いものをたくさん
食べても大丈夫だと過信していました。

 

しかし気が付けば20代より5キロ増えた体重と、グレーゾーンぎりぎりの血糖値。
甘い物を止めて食べ方を工夫するダイエットを始めることにしました。

 

その方法は食事を野菜から順に食べる方法で、その日から献立をなるべく
油分や糖分が少なめの和食中心にして、必ず野菜から食べるように心がけました。

 

野菜の次は肉や魚、豆腐などタンパク質、そして最後にご飯やパン、麺などの炭水化物を食べます。
この順番にすることで、最初に食べた野菜の食物繊維が後から食べる糖の吸収を抑え、
同じものを食べても血糖値が上がりにくく太りにくくなるため、健康的にダイエット効果を期待することができます。

 

それから毎回食事は必ず野菜から食べ、大好きだった甘い物も控えて、
ノンカロリーのコーヒーや紅茶を飲んで空腹を紛らしました。

 

それでもどうしても甘い物が食べたい時は、なるべくカフェオレなどお腹にたまる飲み物にお砂糖を入れたり、
レーズンやアーモンドを食べて欲求を満たしました。

 

しかし3か月程続けたある日、どうしてもロールケーキが食べたくなり、
一切れだけならと購入したところ、リバウンドで一人で1本ぺろりと食べてしまいました。

 

このままでは体重は勿論のこと、血糖値も下がらず、ダイエットと健康維持の両方の失敗になると焦り、
翌日から再び糖質を抑えるダイエットを開始しました。

 

今度は無理せず、どうしても甘い物が食べたかったり、頂き物でケーキなどある時には一切れだけ、
血糖値を上がりにくくする緑茶と一緒に、太りにくい時間帯である昼食後か午後3時に食べてもいいことにしました。

 

おかげでその後は大きなリバウンドもなく順調に過ごすことができ、
1年後には体重は3キロ減、血糖値も次の健康診断では正常値へと戻りました。

 

3キロ体重が減ると、20代の頃に愛用していたスカートも履けるようになり、
子どもとプールに行く時に着る水着も、少し自信を持って着る事ができるようになりました。

 

今でも野菜から食べる食生活は続けていて、血糖値が正常なのは勿論のこと、
3キロ減った体重はリバウンドすることなく、ここ数年ほぼ同じ数値を維持できています。

 

野菜から食べるダイエットは他の食事制限をするダイエットと違って、
あまり食欲を我慢しなくても続けることができるので、挫折が少なく無理なく確かな効果を実感することができると思います。